ベースを「弾いてみた」くなった
のオーディオインターフェイス選び編です。

 

下記製品が候補。

EDIROL 6in/6out FireWire Audio Interface FA-66
EDIROL 6in/6out FireWire Audio Interface FA-66
サウンドハウスで37,800円

EDIROL 24-bit USB Audio Capture UA-25EXCW
EDIROL 24-bit USB Audio Capture UA-25EXCW
サウンドハウスで24,900円

EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FXCW
EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FXCW
サウンドハウスで18,900円

t.c. electronic FireWire オーディオ・インターフェイス DeskTop Konnekt 6
t.c. electronic FireWire オーディオ・インターフェイス DeskTop Konnekt 6
サウンドハウスで15,800円

ティアック パソコン用オーディオインターフェイス TASCAM US-122MK2 US-122MK2
ティアック パソコン用オーディオインターフェイス TASCAM US-122MK2 US-122MK2
サウンドハウスで11,800円

ティアック オーディオインターフェイス TASCAM US-100 US-100
ティアック オーディオインターフェイス TASCAM US-100 US-100
サウンドハウスで6,800円

M-AUDIO USBオーディオインターフェース Fast Track MFTN
M-AUDIO USBオーディオインターフェース Fast Track MFTN
サウンドハウスで11,000円

YAMAHA コンピューターレコーディングシステム AUDIOGRAM6
YAMAHA コンピューターレコーディングシステム AUDIOGRAM6
サウンドハウスで15,300円

YAMAHA コンピューターレコーディングシステム AUDIOGRAM3
YAMAHA コンピューターレコーディングシステム AUDIOGRAM3
サウンドハウスで12,000円

 

正直、どれがいいかわかりません。

FireWire接続の方が個人的にはうれしい。
MacBookのUSBの余りが1個しかないから。
まぁ、どっちでもいいけど、できれば、くらい。
あと、FireWire接続の方がノイズが少ないらしい。
ほんと?

1万円前後から以下の製品は「16-bit/48kHz」とか「24-bit/48kHz」っていう音質らしい。
高い製品は「24-bit/96kHz」っていう音質らしい。
数字が大きい方がいい音なんだろうけど、どこまで違うのかなぁ。
んー、わからん。

関連コンテンツ

スポンサーリンク