TransmitMail を WordPress で使いたい場合、いろいろなやり方があるかと思いますが、私だったらこうする、みたいなことを書いてみたいと思います。

ファイル構成

ファイル構成は下記のようにします。

contact ページを作る

スラッグはなんでもいいですが、ここでは contact というスラッグでページを作ることにします。本文は空にします。(本文を入れても構いません。その場合、本文を出力する記述などが必要になります。)

page-contact.php に TransmitMail を読み込む

上記で作った contact ページのテンプレートファイルが page-contact.php なので、このファイルに TransmitMail の読み込みなどを書いてきます。

HTML の構造にもよりますが、下記のようなコードを書きます。

設定ファイルは PHP ファイルを利用します。

config.php を編集する

config.php を下記の記述します。

注意点としては、 $config['session']false にしておくことでしょうか。(セッションによる多重送信防止機能がうまく動作しないためです。おそらく、 WordPress のセッション周りと競合しているんだと思います。この設定により、セッションによる多重送信防止機能はオフになります。)

TransmitMail のテンプレートファイルを編集する

最後に TransmitMail のテンプレートファイルを編集します。

ヘッダー、フッターなどは WordPress のテーマファイルに書いているので、 form 要素の周辺と TransmitMail に関連する部分だけを記述します。

注意点としては、 form 要素の action 属性の値は ./ にすることです。 TransmitMail の初期のテンプレートファイルは action 属性が index.php になっているので、初期テンプレートから編集する場合は注意してください。

動作確認

http://localhost/contact/ などの URL で TransmitMail が動作することが確認できるかと思います。

以下は Twenty Seventeen に TransmitMail を設置してみた場合のスクリーンショット画像です。

まとめ

以上、 TransmitMail を WordPress で利用する場合の設置方法のご紹介でした。

WordPress にはいくつかのメールフォームプラグインがありますが、レイアウトの自由度が低かったりしますので、 WordPress で制作したサイトにレイアウトの自由度の TransmitMail を設置したい場合に、この記事を参考にしていただければと思います。

それでは、 Let’s enjoy WordPress and TransmitMail!

関連コンテンツ

スポンサーリンク