1年前くらいから軽い散歩から始めて、だんだんと距離を伸ばしていて、近場のウォーキングコースを歩いたりしていたのですが、それらにも慣れてきたこともあり、ちょっと山にも登ってみようかと思い立ち、猿投山春日井三山に登ってみたら結構良い感じに登れて、とても気持ちが良かったので、もっと高い山に登りたい気持ちが湧き上がってきたこともあり、思い切ってちょっと良い登山靴を買いました。

購入したのは SIRIO っていう日本のメーカーの P.F.430 っていうモデル。

購入時の価格は「31,320円」(税込)。

さすがにこの登山靴は好日山荘で店員さんと相談をして買いました。( Amazon で選んで Amazon で買おうかと思っていたけど、断念しました…。サイズ感がわからないし…。)

好日山荘の店員さん曰く「この靴で日帰りから山小屋一泊までOK」とのこと。

写真

SIRIO P.F.430

見た目はこんな感じ。

SIRIO P.F.430 を履いて写真

履いてみたところ。

サイズ

いつも靴は 27.5cm のものを履いていて、 SIRIO P.F.430 も 27.5cm を選択しました。サイズはちょうど良い感じです。

インソール

スーパーフィート

インソールは好日山荘の店員さんの勧めで「スーパーフィート(SUPERFEET)」に入れ替えました。

購入時の価格は「5,184円」(税込)。

歩いたときのクッション性が良いのと、足への密着度というか、装着時の安定感が良くなった気がします。

使用感

きっちり紐を締めると若干、普通の歩き方では歩きにくいのですが、登山靴はそういうものらしいです。転ばないようにするために、小股で歩くことを想定して作られているそうです。

それ以外は特に問題ありません。

インソールの「スーパーフィート」も良い感じです。

まとめ

ちょっとお値段が高い気はするけど、良い靴はそれくらいの値段はする気がするので、登山靴だから特別高いっていうわけではない気がしています。

まずは低い山から徐々に慣らしていきたいです。

今から山に登るのが楽しみです。

関連コンテンツ

スポンサーリンク