どうのこうの

名古屋/元フリーランス/スタートアップ勤務/ウェブ/マークアップ/プログラマ/エンジニア

Category: ツール

ツールのこととか。

私がSublime Textに乗り換えずにCodaを使い続けている理由

20140616_01

Sublime Text、人気ですねー。

Coda 2が発売された当時(Coda 2は2012年5月24日発売)はCodaの紹介記事も多かったイメージがありますが、最近ではSublime Textの人気に押されてすっかり影が薄くなってしまった印象があります。

私はSublime Textも少し使ってみたのですが、Codaのほうが使いやすかったので、今もCodaを使い続けています。

Sublime Text良いよね!」って言う記事は最近でもちょくちょく見かける気がするのですが、「Coda良いよね!」っていう記事を見かけなくなった気がするので、今日は私個人がSublime TextじゃなくてCodaを使い続けている理由、Sublime Textには無くてCodaにはある機能を2つだけご紹介します。

 

おすすめ機能その1: カラーラベルが使える

Mac OS 10.9(Mavericks)で改悪されて超絶使いにくくなってしまった「カラーラベル」ですが、CodaですとMac OS 10.8以前のような行全体に色が着くようになっているので、とても見やすいです。

20140616_02

今調べてみてもSublime Text本体や追加パッケージにも無さそうでした。

カラーラベルは無い状態なんて考えられないくらい好きな機能なのですが、会社の人たちに聞いたら誰も使ってない無くて、カラーラベルを使わないなんて人生損してるなぁと思いました。

 

おすすめ機能その2: テキストエンコーディングと改行コードが常に表示されている

20140616_033

最近は文字コードは「UTF-8」で改行コードは「LF」がデファクトスタンダードだと勝手に思っていますが、「Shift_JIS」はまだまだ全然現役ですし、「<meta charset=”UTF-8″>」って書いてあるHTMLファイルの文字コードが「Shift_JIS」になっていて発狂しそうになったり、呼び出し元と呼び出し先の文字コードが違ってプログラムが正しく動作しなくて原因を調べるのにすごく時間を無駄にしたり、みたいなことってないですか?

私はあります。
(最近は無いですけど。いや、あってもCodaがテキストエンコーディングを表示してくれているから未然に防げているのかも。)

改行コードは、自分は「LF」で作ったのにいつのまにか「CR+LF」に書き換えられてて発狂しそうになったことはありませんか?

テキストエンコーディングと改行コードが常に表示されているだけで、「あれ、私、今、UTF-8で開いているんだっけ?Shift_JISで開いているんだっけ?」「あれ、私、今、LFで開いているんだっけ?CR+LFで開いているんだっけ?」といった心配をすることなく、安心してコードを書き続けることができます。

テキストエンコードと改行コードの表示は、Sublime Textの追加パッケージにあったりするんですかねー?
とりあえずSublime Text自体の機能には無さそうでした。

 

以上、私がCodaを使い続ける理由、そしてSublime Textには無い地味だけどステキな機能のご紹介でした。

先日、Coda 2.5についての発表がありましたし(発売はまだ未定)、引き続きCodaを使い続けたいなと思っています。

あー、Coda 2.5が楽しみだー!

パニック – Coda 2
http://panic.com/jp/coda/

複数のサーバーに ssh ログインして一括操作できる csshx を使ってみた感想とメモ

複数のサーバーに ssh ログインして一括操作できる csshx を使ってみた感想とメモです。

csshx とは

Mac から複数のサーバーに ssh ログインして、一括操作できるツール。

csshx – Cluster SSH tool for Mac OS X Terminal.app – Google Project Hosting
https://code.google.com/p/csshx/

 

csshx を実行中のスクリーンショット画像

20140609_01

 

csshx のインストール

 

マニュアル

https://code.google.com/p/csshx/wiki/Manual

 

ログイン

csshx の実行をシェルスクリプトにしてもいいかも

シェルスクリプトを実行

 

ウィンドウ操作コマンド(WINDOW CONTROL)

「Ctrl-a」の後に指定のキーを入力することで、ウィンドウを操作することができる。

詳しくは下記ページを参照。
https://code.google.com/p/csshx/wiki/Manual#WINDOW_CONTROL

いくつか使いそうなコマンドのメモ。

  • 「Ctrl-a e」
    • ウィンドウ選択モード。
    • カーソルキーもしくはh,j,k,lキーでウィンドウを選択できる。
  • 「Ctrl-a x」
    • 全てのウィンドウに対してプロセス終了を実行する。
    • プロセスが終了したら「Cmd + q」でターミナルを終了してもいいし、「cmd + w」で個別にウィンドウを閉じても良い。
    • 設定にもよるのかもしれないけど、下記のようになったりするので注意が必要かも。
      20140609_02
  • ウィンドウ毎に入力の有効/無効を切り替えることができるっぽい。(今は使わないけど、今後使うかもしれないので、できることとしてメモしておく。)

 

使ってみた感想

  • 15台のサーバーに同時にコマンドを実行してみた。
    • 全てのウィンドウで同じコマンドが入力されていくのは感動した。
    • 15台中、2台が正しくコマンドを実行できていないときがあった。
    • 何がどう動いているかは個別に実行結果を目で見て判断する必要がある。
  • 個別のターミナルウィンドウをマウスで選択すれば、そのターミナルのみ操作することもできる。
  • csshx なのか csshX(Xが大文字) なのか、どっちが正解なのかわからない。
    • プロジェクトサイトのタイトルは csshx となっているけど、本文中は csshX になっている。
    • コマンドはどっちでも通る。

iPhoneのGPS機能を使って自転車の走行経路をGoogleマップに起こす

iPhoneのGPS機能を使って自転車の走行経路をGoogleマップに起こすのが超楽しい!!

自転車乗りの人のブログ見てると、
Googleマップに走行経路を載せたりしてて、
いいなーって思ってたんですよね。

↓みたいなやつ。

 

専用の機器がいるのかなーって思ってたら、
iPhoneでもできるんですね。

以下、その手順のメモ。

 

iPhoneアプリ「EveryTrail」(無料)をインストール

他にも似たようなアプリがあるらしいけど、
そこまで調べてないっす。

EveryTrail(iTuensが起動します)

 

EveryTrailのアカウントを作る

EveryTrailのサイトの右上の「Sign Up」をクリックして、アカウントを作ります。

EveryTrail

091108-006

 

EveryTrailを起動しながら自転車で走る

iPhoneを自転車に取り付けるやつとかあると便利そう。

↓が欲しい。

iPhone3G/3GS専用 自転車・バイクマウントホルダー VIK-BHIP3G
iPhone3G/3GS専用 自転車・バイクマウントホルダー VIK-BHIP3G

ちなみに、ポケットに入れてたら結構な発熱してた。

あと、ちょっと走り出してからスタートボタンを押さないと、
自宅がばれちゃいます。

 

帰ってきてGooglemapに取り込む

アップロードした走行経路からGPXファイルをダウンロード。

091108-002

GPXをダウンロードしたら、
KMZ形式に変換しないとGoogleマップに取り込めません。

GPX形式からKMZ形式への変換は下記サイトで。

GPS Visualizer: Map a GPS data file with Google Earth

「Upload your GPS data files here」でGPXファイルを選択して、
「Create KML file」ボタンでKMLに変換。

091108-003

 

KMLファイルをGoogleマップに取り込む

Googleマップ

Googleにログインした状態で、
「マイマップ」→「新しい地図を作成」→「インポート」をクリックして、
KMLファイルを取り込む。

091108-004

「タイトル」や「説明」は適当に。

地図の貼付けは、「リンク」から。

091108-005

 

以上。

Googleマップで走行経路があると、
「ここ走ってきました!」って感じがして、いいよね!!

AirMac Extream2台で無線間通信

ちょっと離れたところにネットワークを引きたくて、
無線間の通信を導入しました。

 

「AirMac Extream」をベースに「AirMac Extream」でネットワークを拡張する形で成功。

「AirMac Express」をベースに「AirMac Extream」でネットワークを拡張はできなかった。

 

あと、
「AirMac Extream」をベースに「AirMac Express」でネットワークを拡張して、
「AirMac Express」のLANポートつかって有線ネットワーク作ろうと思ったら、
「AirMac Express」のLANポートはWANでしかないのかね。

「AirMac Extream」 → [無線] → 「AirMac Express」 → [有線] → LANハブ

ってのはうまくいかなかった。

 

関係ないけど、
「AirMac Express」で無線LAN使いながら、
AirTunesが使えない。

iTunesでスピーカー選択すると、
エラーが発生する

不便で仕方がない。

「AirMac Extream」で無線LAN使いながら、
AirTunesは使えるけど、ネットワークがすごく不安定。

なんでだろう。。。

MacOSXのFTPクライアントツール

今、Cyberduckを使ってるんだけど、
すぐ落ちます。

フリーで使わせてもらってるんだから文句を言える立場じゃないんだけども、
ずっとWindowsでFFFTP使ってたから、
FFFTPっぽいFTPクライアントツールがあると非常にうれしいのですが、
マカーの皆さんはFTPツール何を使ってるんでしょうか?

【自分なりに調べたFTPクライアントツール 】
Cyberduck
・フリーウェア(寄付ウェア?)
・DLは英語サイトだけど、日本語対応してるみたい。
・よく落ちる。(Leopardだから?)
・サーバー側とローカル側を対比しながらの画面じゃないから、FFFTPに慣れてるとちょっと使いにくい。

FileZilla
・オープンソース。
・日本語対応。
・サーバー側とローカル側を対比しながら操作できる。
・サーバーによるのかもしれないけど、隠しファイルが見れなかった。
・FFFTPみたいなミラーリングアップロード機能はないみたい。

FireFTP
・Firefoxのアドオンとして動作するFTPクライアント。
・メニューは日本語化されないけど、まぁこの程度の英語なら問題なく使える。
・サーバー側とローカル側を対比できるインターフェイス。
・ミラーリングアップロード機能はなかったと思う。
・これもサーバーによるのかもしれないけど、隠しファイルが見れなかった。

Transmit
・6,090円。
・ WebDAVに対応してる。(個人的に欲しい機能!)
・サーバー側とローカル側を対比できるインターフェイス。
・ミラーリングアップロードに対応してる。
・もう少し安かったら買いたい・・・。

Fetch
・シェアウェア。
・3,150円
・名前をよく聞くけど、インストールしたことない。。。

————————————————————————————————————————————

Fetchだけ使ってみてない。

その他一通り使ってみた感じでは、
Transmitが一番よかった。

ちょっと高いけど、買っちゃおうかなぁ。。。

© 2017 どうのこうの

Theme by Anders NorenUp ↑