どうのこうの

名古屋/元フリーランス/スタートアップ勤務/ウェブ/マークアップ/プログラマ/エンジニア

Category: Mac (page 1 of 3)

Macに関することとか。

MacBook Pro用に外部モニターとモニターアームとリフトアップスタンドとその他もろもろを買った話

個人的にはセカンドモニターを必要としていない派(?)だったんだけど、
マルチモニタで生産性アップ」とかっていう記事を見たりすると、
無性に液晶モニターが欲しくなる時がありました。

で、価格.comでいろいろ調べてみて、結局買わない、
みたいなことを何度か繰り返していたんだけど、
やっぱりあると便利なのかなーどうかなーっと思って、
買ってみることにしました。

モニターアームがあると机の上が片付くらしいってことで、
モニターアームと合わせて購入することにしました。

 

液晶モニターを選ぶ

僕が価格.comの「液晶モニター・液晶ディスプレイ」カテゴリーを1年くらいチェックしていた限りでは、
MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ RDT234WLM-D」が安定した人気があることが分かったので、
同商品を購入しました。

MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ RDT234WLM-D
MITSUBISHI 23型ワイド液晶ディスプレイ RDT234WLM-D

ここでこだわったのは、
ノングレア(非光沢。映り込みがないやつね。)であることと、
インチサイズ

インチサイズは、
23インチ以上だとちょっと割高感が出てくるのと、
あんまり大きいモニターだと威圧感あるし、
23インチくらいがちょうどいいと思う。

購入時の価格は15,980円。

 

モニターアームを選ぶ

モニターアームはどう選んだらいいか全然わからなかったから、
Amazonのレビューを参考にしました。

それでたどり着いたのがこれ。

サンコー 4軸式くねくねモニターアーム MARMGUS192B <34755>
サンコー 4軸式くねくねモニターアーム MARMGUS192B <34755>

モニターアームは、アームの動きに自由度が高いほど良いものらしいんだけど、
このモニターアームは上下はほぼ固定(手でネジを締めるので、頻繁には変えづらい)で、
前後はある程度自由に動かせる感じ。

もちろん、傾きも変えれます。(少しだけど。)

まぁ、上下、前後、傾き共に、
一度位置を決めたら、そう動かすことはないけど。

ちなみに、このモニターアームには「3軸式」と「4軸式」があるんだけど、
「4軸式」のほうが動きに自由度が高いみたいなので、
「4軸式」を購入しました。

購入時の価格は4,179円。

 

モニターアームと液晶モニターをセットしてみた

で、実際にセットしてみた写真がこれ。

20130708_01

悪くはないんだけど、
実際に使ってみると、
MacBook Pro 15インチと外部モニターで目線の動きが大きすぎて、
目がすごく疲れる。

っというわけで、
MacBook Proをリフトアップして、
目線を揃えることにします。

 

MacBook Proのリフトアップスタンドを選ぶ

MacBook Proのリフトアップスタンドは実質下記の2つしかない感じ。

Rain Design mStand 360° Laptop Stand
Rain Design mStand 360° Laptop Stand

Twelve South Twelve South HiRis for MacBook
Twelve South Twelve South HiRis for MacBook

Rain Design mStand」は手前に出っ張り(?)が出てるのが気に入らないので、
HiRis for MacBook」のほうを購入しました。

購入時の価格は6,247円

 

で、リフトアップしちゃうと、
MacBook Proのキーボードが使えなくなるので、
Bluetoothキーボードを購入。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B

購入時の価格は6,090円。

 

これまた使ってみたら、
Trackpadが無いことが意外に不便だったので、
Magic Trackpadも購入。

Apple Magic Trackpad MC380J/A
Apple Magic Trackpad MC380J/A

購入時の価格は5,994円。

 

キーボードとMagic Trackpadを別々に置くのが嫌だったので、
キーボードとMagic Trackpadと繋げるアタッチメント(?)を購入。

Twelve South MagicWand TWS-KY-000001
Twelve South MagicWand TWS-KY-000001

購入時の価格は2,988円

 

で、最終的にこんな感じになりました。

20130708_02

うん、目線の移動が少なくなっていい感じです。

 

っというわけで、
外部モニターを買って、快適なデュアルモニター生活を始めたら、
なんだかんだでいろいろ買ってしまった話でした。

合計「41,478円」也。

 

20130708_03

モニターアームにすると、
モニターの下にものが置けるのが良いですね。

さくらの VPS に X Window System をインストールして Mac から VNC over SSH 接続するメモ

さくらの VPS に X Window System をインストールして、
Mac から VNC over SSH 接続するメモです。

基本的には以前書いた記事の Mac から VNC over SSH の流れの通りなんだけど、
SSH Tunnel Manager が RSA 鍵に対応していなかったので、
別の Mac アプリをインストールして、
VNC over SSH しました。

 

環境

サーバー:
CentOS 6.3 (x86_64)

クライアント:
MacOS 10.8 (Mountain Lion)

利用するアプリケーション:
Chicken of the VNC
→ Mac 用 VNCクライアント

Coccinellida
→ SSH トンネルが設定できる GUI アプリケーション

 

サーバー側の設定

まず X Window System とデスクトップ環境をインストール。

※ “Desktop” ではなく “GNOME Desktop Environment” と紹介されているサイトもありましたが、
“GNOME Desktop Environment” ではインストールできず “Desktop” でインストールできました。

 

次に VNC 環境をインストール。

 

/etc/sysconfig/vncservers を編集。
(Display番号が 1 、ユーザー名が username の場合)

 

VNC を利用するユーザーになって、パスワードを設定。

 

VNC サーバーの起動。

 

VNC サーバーを起動すると、
VNC を利用するユーザーのディレクトリに設定ファイルができるので、
それを編集する。

 

お好みで VNC サーバーを自動で起動するようにする。

 

今回は VNC で Firefox を利用したいので、
Firefoxをインストールする。

 

Coccinellida の設定

Coccinellida を起動。
メニューバー → Coccinellidaアイコンをクリック → preferences → Tunnels → add から設定を追加。

20130617_01

General の設定は下記のような感じ。

Name → 適当に
Host → ホスト名
Port → ポート番号
User → SSHのログインユーザー名
Password → SSHのログインパスワード
Identity → RSA鍵のファイルパス

 

20130617_02

Port Forwarding の設定は下記のような感じ。

Type → local
Local Port → 5901
Local Host → localhost
Remote Host → localhost
Remote port → 5901

 

Chicken of the VNC の設定

Chicken of the VNC を起動。

20130617_03

Servers欄 → 適当に名前を付ける
Host → localhost
Display → 1(サーバー側で設定したディスプレイ番号)
Password → VNCユーザーのパスワード

Connect ボタンをクリックして、
サーバーの X Window System が表示されれば完了。

20130617_04

 

Coccinellida は結構不安定で、
よくフリーズしちゃうので、
フリーズしたら、ターミナルかアクティビティモニタから強制終了してください。

 

以上、個人的なメモでした。

Mac OS 10.8(Mountain Lion)にSASS + Compassをインストールするメモ

Mac OS 10.8(Mountain Lion)にSASS + Compassをインストールするまでの個人的なメモ。

SASSはCSS風に書けてCSSファイルにコンパイルしてくれる言語で、
CompassはSASSで使えるライブラリ群ね。

詳しくは公式サイトを参照。

 

Compassの何が便利って、
CSS Spriteを作るのに、
画像を結合しなくてもいいし、
画像のpositionを指定しなくて良いのが便利過ぎる。

自分で画像を結合して、
選択ツールで座標を調べてたのは、
すげー無駄だったなぁって思う。

 

Rubyのインストール状態の確認

まずはRubyが入っていることを確認。
Mountain LionにはRubyが始めから入っているっぽいので、確認する必要がないかもしれない。

rubyは1.8系でも大丈夫(だと思う)。

 

RubyGemsのインストール

まず、RubyGemsのインストール状態を確認。

インストールされていない場合は、
公式サイトからダウンロードしてsetup.rbを実行。

Download RubyGems | RubyGems.org | your community gem host

ダウンロードもターミナルでやる場合は下記のような感じでしょうか。

すでにインストールされている場合は、
rubygemsをアップデートする。
(update_rubygemsとgem update –systemはどっちがいいんですかねぇ?)

インストール or アップデートができたら、
念のためバージョンを確認。

 

Compassのインストール

gemからCompassをインストールする。

念のためインストールできたか確認。

ちなみに、sassはcompassを入れると勝手に入る。

 

Compassの初期設定と監視

ディレクトリ構成はまだまだ検討中だけど、
今のところ下記のような感じにしている。

  • project_directory/
    • css/ → cssファイルを出力する
    • js/ → jsファイル置き場
    • img/ → 画像ファイル置き場
    • sass/ → sassファイル置き場

で、上記ディレクトリ構成になるように、
compassの設定ファイルを生成する。

 

scssファイルを監視する

下記のコマンドでsassファイルを監視して、
更新があるとcssファイルを書き出してくれる。

出力するcssファイルは、
minify化しない理由がないので、
config.rbに下記行を追加して、
始めからminify化するようにしている。

 

以上。
個人的なメモでした。

MacBook Pro 15-inch, Early 2011のメモリを16GBに増設したよ

僕のメインマシンの、
MacBook Pro 15-inch, Early 2011のメモリを16GBに増設しました。

購入したのは下記の商品。

 

シー・エフ・デー販売 ノートパソコン用メモリ DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3N1333F-8G
シー・エフ・デー販売 ノートパソコン用メモリ DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3N1333F-8G

 

20120326_01

背面のフタを開けて、
体の静電気を抜いて、
メモリを交換して、
PRAMをリセット(「command」「option」「P」「R」を押しながら電源を入れて、「ジャーン」っていう起動音が2回鳴ったらキーを離す。)して、
Apple Hardware Test(MacBook Pro購入時に付属していたDVDの2枚目を入れて、「d」を押しながら電源を入れる。)を起動して、
全テストを実行して、
再起動して、
問題なく起動することを確認しました。

 

20120326_02

技術仕様を見ると「最大8GBをサポート」って書いてあるけど、
16GB載せれるっていう噂は本当でした。

 

ちなみに、アクティビティモニタでメモリの使用量を見てみると、
半分くらいは常に空いてる感じです。

20120326_03

 

ちなみに、同じメモリを2セット、合計4つ買って、
iMac Mid 2010に載せようと思ったんだけど、
Apple Hadrware Testでテストがこけて、載せられなかった。

iMac Mid 2010も8GBのメモリに対応してるっていう噂だったんだけどなぁ。

iMac Mid 2010 メモリ 32GB – Google 検索

BUILT の MacBook Pro 15インチ用インナーケースを買ったよ

MacBook Proを買って、
ちょくちょく外に持ち出すこともあったりして、
今まではバスタオルにくるんでたんだけど、
それだとちょっとかさばるので、
インナーケースを購入しました。

正確には、先日誕生日だったので買ってもらいました。
(まぁ経費扱いにするけど。)

 

20110915_001

レインドロップっていう柄らしいです。

ほんとはもっとドットの細かい柄にしたかったんだけど、
横から入れるタイプのやつにはないみたい。

 

20110915_002

横側面から入れます。

縦入れもあるみたいだけど、
入れにくくないのかな、
どうなんだろ?

 

楽天で送料無料で4200円。

BUILT NY スリーブ for MacBook Pro 15インチ(ビルト・A4ワイド・ラップトップ):パサージュショップ

AssistOnには縦入れタイプもあります。

AssistOn / BUILT "Laptop Sleeve"

 

まだこれ持ってお出かけしてないんだよね…。
腰痛くてさ…。

早くお出かけしてーよー。

Core i7 (Sandy Bridge) な MacBook Pro 買った

メインマシンの Core2Duo な MacBook 白 が遅く感じ始めたのと、
今 Mac を買うと無償で Lion にアップグレードできるのと、
個人事業を始めて経費に計上しやすいこともあり、
Core i7 (Sandy Bridge) な MacBook Pro を整備済製品で購入しました。

メインマシンの買い替えは2007年12月に MacBook Pro を買って以来だから、
約3年半ぶりです。

どうのこうの » そういえばMacBook買った

 

スペックは下記の通り。

アップル – ノートパソコン – MacBook Pro – 15インチモデルの技術仕様。

モデル:15-inch Early 2011
CPU:Core i7 2.2GHz
メモリ:8GB
グラフィック:Intel HD Graphics 3000(384MB DDR3 SDRAMをメインメモリと共有)、AMD Radeon HD 6750M(1GB GDDR5メモリ)
HDD:750GB
その他:高解像度非光沢ディスプレイ

 

20110626_001

じゃーん。
荷物が届きました!

 

20110626_002

パカッ。
整備済製品って、梱包が簡単なのね。

 

20110626_003

取り出してみた。
これがユニボディかぁ。

 

20110626_004

パカッ。

 

20110626_005

机に設置してみた。

高解像度はやっぱりいいですね。
画面が広いといろいろ捗ります。

速度的にはどうなんだろ。
いまいち実感がわからないけど、多分速いんだと思う。
MacBook 白 を買ったときも同じことを思ってたっぽい。)

とりあえず、低スペックでも動作するので評判のサドンアタックは快適に動いた。
まぁ、MacBook 白 でも普通に動いてたけど。

ネットサーフィン程度なら、
CPU の使用率は 5〜10% くらいで、
メモリの使用率は 1/3 くらい。

こりゃ、快適っすわー。

サーバーをベンチマークしてみた

NEC のサーバーを買ったので、
ベンチマークしてみました。

ついでに VPS とか Mac のベンチマークもしてみました。

参考 : Linuxでベンチマーク – superπ/姫野ベンチ編 | データセンターの専用サーバ データセンターダイレクト ブログ
 

確認したマシンたち

CPU とメモリは cpuinfo とmeminfo で調べました。

CentOS の場合

Mac の場合

以下、確認したマシンのスペック。

 

NEC Express5800/S70 タイプRB

CPU : Intel(R) Pentium(R) CPU G6950 @ 2.80GHz
メモリ : 6GB(2GB + 2GB + 1GB + 1GB)
参考 : 仕様:S70 タイプRB | NEC

 

Dell PowerEdge 430

CPU : Intel(R) Pentium(R) D CPU 2.80GHz
メモリ : 1GB(512MB + 512MB)
参考 : PowerEdge SC430 製品詳細 | Dell 日本

 

MacBook (Late 2007)

CPU : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7500 @ 2.20GHz
メモリ : 4GB(2GB + 2GB)
参考 : MacBook (Late 2007) – Technical Specifications

 

さくらのVPS

CPU : Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T7700 @ 2.40GHz
メモリ : 512MB
参考 : さくらのVPS|VPS(仮想専用サーバ)はさくらインターネット

 

ServersMan@VPS(Entryプラン)

CPU : Intel(R) Xeon(R) CPU L5520 @ 2.27GHz
メモリ : 768MB
参考 : ServersMan@VPS|仮想専用サーバ|月額490円~、初期&2ヶ月完全無料

 

superπでベンチマークする方法

下記からsupperπをダウンロードして、
解凍して、実行するだけ。

ftp://pi.super-computing.org/ の一覧

 

姫野ベンチでベンチマークする方法

下記から C, static allocate version の M をダウンロードして、
解凍して、リネームして、make して、実行する。
(なんでリネームするんだろ……。)

ダウンロード (ソース & 実行形式(Win/Mac 用))|HPC High Performance Computing|ACCC. RIKEN

lha(lzhを解凍するコマンド)がない場合は、
yum か rpm でインストールする。

yum の場合。

rpm の場合。
下記から合ったものをダウンロードしてインストール。

Index of /lha

 

supperπの結果

NEC Express5800/S70 タイプRB

Dell PowerEdge 430

MacBook (Late 2007)

さくらのVPS

ServersMan@VPS(Entryプラン)

 

Total calculation time が早い方がいいんだよね、多分。

ってことで、

1位 : NEC Express5800/S70 タイプRB → 13.358秒
2位 : さくらのVPS → 14.577秒
3位 : ServersMan@VPS(Entryプラン) → 25.085秒
4位 : MacBook (Late 2007) → 27.858秒
5位 : Dell PowerEdge 430 → 30.579秒

という結果になりました。
MacBook が意外と遅いね。

 

姫野ベンチの結果

NEC Express5800/S70 タイプRB

Dell PowerEdge 430

MacBook (Late 2007)

さくらのVPS

ServersMan@VPS(Entryプラン)

 

見方が分かんないけど、
数値が大きい方がいいんだよね?

ってことで、

1位 : さくらのVPS
2位 : NEC Express5800/S70 タイプRB
3位 : Dell PowerEdge 430
4位 : ServersMan@VPS(Entryプラン)
5位 : MacBook (Late 2007)

という結果になりました。

 

っということは、
最近買った「NEC Express5800/S70 タイプRB」と「さくらのVPS」が、
ベンチマーク的に良い勝負ってことですね。

すげーな、さくらのVPS。

Mac から VNC over SSH

Mac から LAN 外の CentOS に VNC over SSH で接続するまでのメモ。

基本 SSH でいいんだけども、
実家のネットワークの CTU の設定を変更したいときに、
自宅のサーバーのブラウザを立ち上げたかったので。

 

VNC over SSH とは

VNC over SSH ってのは、
SSH のポートを通って VNC に接続するっていうことらしい。

VNC は通信が暗号化されてないから、
LAN 外のマシンに VNC 接続する場合は、
SSH のポートを通したほうが安全らしい。

 

環境

サーバー:
CentOS 5.5

クライアント:
MacOS 10.6 (Snow Leopard)

利用するアプリケーション:
Chicken of the VNC
→ Mac 用 VNCクライアント

SSH Tunnel Manager
→ SSH トンネルマネージャ(そのまんま)
※ライセンス書いてないけど、フリーで使っていいよね?

 

サーバー側の設定

以下、SSH は利用できる状態とします。

ちなみに、僕はSSHをパスワードでログインできる状態にしてるけど、
鍵方式でログインする場合はまたちょっと違うかも。

まずは VNC サーバーのインストールと設定。

VNC を利用するユーザーになって、
パスワードを設定。

VNC サーバーの起動。

VNC サーバーを起動すると、
VNC を利用するユーザーのディレクトリに設定ファイルができるので、
それを編集。

VNC サーバーを自動で起動するようにする。

 

SSH Tunnel Manager の設定

SSH Tunnel Manager を起動。
preferences から設定を追加。

20110130_001

Name → 適当に
Login → SSHのログインユーザー名
Host → ホスト名
Port → SSHのポート番号

Local redirections の+ボタンクリック。

左から順に、
Port → 5901(VNCのポート番号)
LAN Host → localhost
Port → 5901(VNCのポート番号)
※なんでポート番号を2回入れるのかは分からない。
※「始まり」と「終わり」とかかなぁ。

設定が終わったら画面は閉じて、
さっき設定した設定名の再生ボタンを押す。

20110130_002

パスワードを聞かれるので、
SSHのパスワードを入力。

状態が Connected になればOK。

 

Chicken of the VNC の設定

Chicken of the VNC を起動。

20110130_003

Servers欄 → 適当に名前を付ける
Host → localhost
Display → 1(サーバー側で設定したディスプレイ番号)
Password → VNCユーザーのパスワード

Connect をクリックして、
サーバーのデスクトップが表示されれば完了。

20110130_004

 

以上。

LAN 外からサーバーのデスクトップが表示されるのは、
ちょっと感動します。
(僕だけ……?)

MacPortでnmapをインストールしてポートスキャン

Macで社内サーバーに対してポートスキャンしたい

nmapっていうのをインストールすれば良いらしい。
MacPortでもインストールできるらしい

「Nmap」とは:ITpro

インストールしてみる

ということで、rootでログイン→セルフアップデート→ソフトウェア一覧の更新→nmapインストール。
セルフアップデートとソフトウェア一覧の更新は、それをする意味は良く分かってない。
しといた方がいいのかな、くらい。

nmapを使ってみる

のようにすれば良いみたい。

オプションは下記サイト参照っと。

nmap Command — Ray:雑学事典

Macでメニューバーのアイコンを消す

メニューバーのアイコンを消す
http://mactips-lib.net/m/macosx/010.html

 

消せた!

すげー!!

うれしい!!!

Older posts

© 2017 どうのこうの

Theme by Anders NorenUp ↑