どうのこうの

名古屋/元フリーランス/スタートアップ勤務/ウェブ/マークアップ/プログラマ/エンジニア

Category: WordPress

TransmitMail を WordPress で使う場合の設置方法

TransmitMail を WordPress で使いたい場合、いろいろなやり方があるかと思いますが、私だったらこうする、みたいなことを書いてみたいと思います。

ファイル構成

ファイル構成は下記のようにします。

contact ページを作る

スラッグはなんでもいいですが、ここでは contact というスラッグでページを作ることにします。本文は空にします。(本文を入れても構いません。その場合、本文を出力する記述などが必要になります。)

page-contact.php に TransmitMail を読み込む

上記で作った contact ページのテンプレートファイルが page-contact.php なので、このファイルに TransmitMail の読み込みなどを書いてきます。

HTML の構造にもよりますが、下記のようなコードを書きます。

設定ファイルは PHP ファイルを利用します。

config.php を編集する

config.php を下記の記述します。

注意点としては、 $config['session']false にしておくことでしょうか。(セッションによる多重送信防止機能がうまく動作しないためです。おそらく、 WordPress のセッション周りと競合しているんだと思います。この設定により、セッションによる多重送信防止機能はオフになります。)

TransmitMail のテンプレートファイルを編集する

最後に TransmitMail のテンプレートファイルを編集します。

ヘッダー、フッターなどは WordPress のテーマファイルに書いているので、 form 要素の周辺と TransmitMail に関連する部分だけを記述します。

注意点としては、 form 要素の action 属性の値は ./ にすることです。 TransmitMail の初期のテンプレートファイルは action 属性が index.php になっているので、初期テンプレートから編集する場合は注意してください。

動作確認

http://localhost/contact/ などの URL で TransmitMail が動作することが確認できるかと思います。

以下は Twenty Seventeen に TransmitMail を設置してみた場合のスクリーンショット画像です。

まとめ

以上、 TransmitMail を WordPress で利用する場合の設置方法のご紹介でした。

WordPress にはいくつかのメールフォームプラグインがありますが、レイアウトの自由度が低かったりしますので、 WordPress で制作したサイトにレイアウトの自由度の TransmitMail を設置したい場合に、この記事を参考にしていただければと思います。

それでは、 Let’s enjoy WordPress and TransmitMail!

このブログの表示が早くなりました

NEC のサーバーを新しく買いまして、
今まで使っていた DELL のサーバーからブログのデータを移す際に、
WordPress の高速化を試してみました。

 

APC のインストール

APC っていうのは Alternative PHP Cache の略で、
PHP の実行コードをキャッシュする仕組みらしい。

PHP: 導入 – Manual

WordPress は APC を利用するようにできてるらしい。
知らなかった……。

結構効果があるらしいので、
早速インストールしてみる。

上記は Utter Ramblings リポジトリを使ってる場合。

標準リポジトリの場合は、

で、インストールできるはず。
ついでに php-pear もインストールされた。

 

WP Super Cache のインストール

WordPress の記事をキャッシュするプラグインらしい。
似た名前で WP-Cache ってのもあるんだけど、
どっちの方がいいんだろ……?

とりあえず今回は WP Super Cache をインストールしました。

WordPress › WP Super Cache « WordPress Plugins

 

WP Super Cache のインストールは簡単でした。

  1. プラグインをアップロード(管理画面から新規追加でも可)
  2. WP Super Cache を有効化
  3. WP Super Cache の設定画面へ移動
  4. 画面の指示通り wp-content のパーミッションを 777 に変更
  5. 画面の指示通り WP Super Cache の設定画面を再読み込み
  6. 画面の指示通り wp-config.php に define(‘WP_CACHE’, true); を追加
    (define(‘WP_DEBUG’, false); の下あたり)
  7. wp-config.php をアップロード
  8. WP Super Cache の設定画面を再読み込み
  9. wp-content のパーミッションを戻す(755 かな?)
  10. 「Caching On (Recommended) 」を選択して「ステータスを更新」をクリック
  11. Test Cache をクリックしてキャッシュの動作を確認

以上です。

なんかいろいろ細かく設定できるみたいだけど、
デフォルトの設定でいいよね……?

 

表示速度のチェック

表示速度は下記の Web サービスでチェックしました。
簡単そうだったんで。

WebWait – Benchmark Your Website

 

結果

20110207_001

左上から、

  • 旧サーバー
  • 新サーバー
  • 新サーバー + php-apc
  • 新サーバー + php-apc + WP Super Cache

の5秒毎に5回表示した時の平均表示速度です。

 

無事、表示速度が 2.5 倍になりました。

めでたし、めでたし。

WordPressのiPhone用テーマ

iPhoneでアクセスしたときに、iPhone用のテーマが表示されるプラグインを入れました。

iWPhone WordPress Plugin and Theme

ダウンロードして、
解凍して、
「iwphone.php」を「wp-content/plugins/」にアップロードして、
「iwphone-by-contentrobot」を「wp-content/themes/」にアップロードして、
「iWPhone」のプラグインを有効にするだけでした。

 

081213-001

できたー。

なんかうれしい!
すげーたのしい!!

WordPressバージョンアップした

WordPressをバージョンアップしました。

管理画面も変わったのね。
なんか良さげ。

やっぱ、新しいのがいいよね。

バージョンアップの手順

以下のサイトを参考に。

基本的には、
WPって、バージョンアップ方法の説明がアバウトすぎだと思う
の手順通りできた。
(プラグイン停止しなかった。。。)

 

バージョンアップ後、ログインができなくなった。

下記対策で解決しました。

2.6 にアップグレードしたらログインできなくなった場合の対処法

 

アップグレード前にプラグインを停止するのと、
ログアウトしておくのが良いみたい。

© 2017 どうのこうの

Theme by Anders NorenUp ↑