諸事情で小銭のストックが欲しくて、
近所の名古屋銀行で両替をしてもらった時の、
硬貨の組み合わせのメモ。

 

硬貨は50枚目から手数料がかかるそうで、
手数料がかからない硬貨の組み合わせを、必死で考えてみました。

手数料一覧 名古屋銀行

 

ちなみに、紙幣は新札でなければ手数料はかからないそうです。
ちなみにちなみに、「1万円札を両替する」ことをベースに考えています。

 

いろいろ計算をしてみた結果、
下記のような組み合わせに至りました。

・500円 ×   5枚 = 2,500円
・100円 × 11枚 = 1,100円
・50円 ×     5枚 =    250円
・10円 ×   12枚 =    120円
・5円 ×       4枚 =      20円
・1円 ×     10枚 =      10円
———————————-
・合計:    47枚     4,000円

 

5の倍数の硬貨は少なめ(4枚前後)、
1と10の倍数の硬貨は多め(10枚前後)で、
なかなか良い組み合わせになったかなと思います。

500円玉を7枚にしてもいいですけど、
500円玉はそんなにいらないですし。

残りの6,000円分は、
5,000円札にするなり1,000円札にするなり、
好きにしましょう。

 

以上です。
銀行で両替をする時の参考になれば幸いです。

関連コンテンツ

スポンサーリンク