どうのこうの

名古屋/元フリーランス/スタートアップ勤務/ウェブ/マークアップ/プログラマ/エンジニア

Category: 料理

うどんうった

うどん打ったよ。
売ってはないよ。

前回作ったパンの強力粉が余ってたから作ってみた。
あと、薄力粉も余ってたし。
なんとなく、力もあり余ってたし。

作り方は下記のサイトを参考にしました。

簡単手打ちうどんの作り方

以下、手順と感想。

 

材料の準備と作る時間の確保

材料は下記の通り。

  1. 強力小麦粉:250g
  2. 薄力小麦粉:250g
  3. 水:225g
  4. 塩:25g
  5. 打粉:強力粉でも薄力粉でも片栗粉でも

参考サイトには6人前って書いてあったけど、
上記材料で4人前だったよ。

あと、うどんには中力小麦粉がいいらしんだけど、
中力小麦粉なんてないから、
強力粉と薄力粉を1:1で混ぜました。

強力粉と薄力粉を混ぜたら、中力粉だよね?
違うのかな?

ちなみに、おいしいうどん屋さんは、
うどん粉に少し薄力粉を混ぜるとかどうとか。

次に、使う道具は下記の通り。

  • ビニール袋:2〜3枚
  • ラップ
  • 麺棒
  • 包丁

作る時間は待ち時間も含めると3時間近くかかるので、
時間に余裕があるときに作り始めたほうが良いと思います。

 

作業1:材料を混ぜる

まず、水に塩を混ぜて、塩を溶かす。

次に、強力小麦粉と薄力小麦粉と塩水をビニール袋に入れて、
粉っぽさがなくなるまで揉む。

そして、1時間寝かせる。(一次熟成)

【作業時間+待ち時間】
10分+60分

【感想】
いきなり待つとか、ちょっとめんどい。

 

作業2:生地を足で踏む

テレビで見たことあるやつだ、これ。

足で踏んで伸ばして、
折り込んで、
また踏んで伸ばして、
を6〜7回繰り返す。

そして、適当な大きさに丸めて、再度1時間寝かせる。(二次熟成)

ビニール袋の強度によっては、
踏んでるときに破けるかも。
僕は2回破けた。

【作業時間+待ち時間】
20分+60分

【感想】
うどん作ってるなーって感じがして楽しい。

あと宇宙兄弟4巻の、

ムッタ「でももし宇宙で食料不足になっても、うどんは踏めねーな。」
やっさん「その前に小麦粉で大惨事や。」

を思い出してた。

 

作業3:生地を伸ばす

軽く足で踏んで伸ばしたあと、
シンク台に打粉を敷いて、
麺棒で伸ばす。

参考サイトによると厚さ3mmにするらしい。
けど、3mmって全然想像つかない。

麺は茹でると太くなるので、
とにかくできるだけ薄い方が良さげ。

【作業時間】
20分

【感想】
伸ばすの結構ムズイ。

あと結構伸びるから、
広い場所が必要。

うちのシンク台はギリギリだった。

ちなみに僕は、シンク台の上にラップを敷いて、
その上に打粉を敷きました。

IMG_1515

 

作業4:生地をたたんで切る

折り目が重ならないように生地をたたむ。
屏風たたみって言うらしい。

そして、包丁で切る。
麺を切るようの包丁なんて持ってないから、普通の包丁で。

ここでもできるだけ細く切る。
参考サイトでは3mm間隔で切るとのこと。

あと、切り終わったら、
打粉をちゃんとかけてね。
あとで麺がくっついちゃうから。

【作業時間】
20分

【感想】
うどん切るのマジムズイ。

IMG_1517

 

作業5:茹でる

ゆで時間は7分〜8分くらいかなぁ。
太さにもよると思うけど。

僕の場合は5分では短かった。
芯が残ってた。

あと、お湯は多めで茹でてください。
もしくは、途中でお湯を足してください。

後半、打粉がお湯に溶け出して、
ゆで汁がドロドロになりますので。

【作業時間】
8分

【感想】
ゆで時間の待ちが一番長く感じた。

 

結果:合計3時間18分かかった

合計3時間18分かかった。

お昼にお腹が空いてから作り始めたので、
できたころには夕方だった。

そして、出来上がったのがこちら。

IMG_1522

味はまぁまぁかな。

芯は残ってるし、
麺は太いし短いし、
食べにくかった。

うどん屋さんは、おいしいうどんが作れてマジすごい!!
マジリスペクト!!

 

ちなみに、うどんはちゃんとしたうどん粉で作るとおいしいらしい。

次はそば打ちに挑戦したいな。
僕、うどんよりそば派だし。

ぱんつくった

パン作ったよ。
パンツは食ってないよ。

IMG_1509

基本中の基本、バターロールです。
バターロールに見えないかもしれないけど……。

以下、作り方の手順と感想。

 

材料の準備と作る時間の確保

材料は下記の通り。

  1. 強力小麦粉:300g
  2. 砂糖:30g
  3. 塩:3g
  4. ドライイースト:6g
  5. 溶き卵:半分
  6. 水:175cc
  7. バター:45g
  8. 打粉:適量

必要な道具も事前に出しておくといいよ。
パンをこね始めてからだと、手がベタベタしてるからね。(体験談)

  • ボール:2個〜3個(発酵させたり、発酵させるときにお湯を張ったり)
  • トレー:2個〜3個(生地をこねたり、発酵させたり)
  • ラップ
  • ゴムベラ:混ぜるだけなので、しゃもじ系でもいいかも
  • はけ:焼き色付け用の溶き卵を塗るときに使う
  • 麺棒:最後に生地を伸ばすときに

バターはレンジに30秒くらいかけて溶かしておく。
溶き卵は焼くときにまた使うので、後で冷蔵庫に入れておく。
打粉は強力小麦粉でOK。

作る時間は待ち時間も含めると4時間近くかかるので、
時間に余裕があるときに作り始めたほうが良いと思います。

 

作業1:材料を混ぜる

1〜4を混ぜる。
軽く混ざったら、5〜6をさらに混ぜる。
6の水は一気に全部入れずに、何回かに分けると良いらしい。

【作業時間】
10分

【感想】
結構ベタベタしてる。

 

作業2:こねる

材料が混ざったら、
打粉を引いてひたすらこねる。
時間にして20分、回数にして200回くらいらしい。

途中、7のバターを加えてさらにこねる。
バターは一度に加えない。
というか、何回かに分けないと無理。

レシピには「生地を叩きつける」とも書いてあったけど、
叩きつけたら打粉が飛び散るからやってない。

ステンレストレーの上に打粉を引くと、後片付けが楽。

ファビエ ステンレストレー
ファビエ ステンレストレー

あと、打粉はこねてるとなくなってくるから、
適宜足さないといけないので、強力小麦粉は近くに置いておく。

【作業時間】
20分

【感想】
こねるのに力がいる。
結構楽しい。
けど、途中で疲れてきて、飽きてくる。

 

作業3:一次発酵

生地をボールに入れてラップをして、
30℃の場所に約1時間おいて発酵させる。

30℃の場所の確保をどうしようかと思った。
みなさんいろいろ考えてるみたい。

調べてみたところ、

  • テレビの上に置く → うちは液晶テレビだから無理
  • ビデオデッキ、DVDデッキの上に置く → うちにはない
  • 発酵器 → ねーよ

というような方法があるらしいけど、
どれも無理。

僕は「35℃のぬるま湯をボールに溜めて、その上に生地の入ったボールを置いて、その上にタオルケットをかぶせる」という方法を取りました。

この発酵で2.5倍〜3倍程度に膨らむ。
これが結構感動する。

【待ち時間】
60分

【感想】
待ち時間なげぇ。

 

作業4:12分割する

なんで12分割なのかは分からない。
そうレシピに書いてあった。

12分割して、
丸めて、
トレーに並べて、
厚手のフキン(僕はタオルを使った)を上からかけて、
10分放置する。

【作業時間+待ち時間】
10分+15分

【感想】
何回放置するねん。

 

作業5:バターロールの形にする

三角すいの形を作って、
麺棒で伸ばして、
三角すいの細い方に向かって丸めて、
巻終わり部分を下にしてトレーに置く。
(この説明でわかるかな……。)

その後、38℃で40分放置して再度発酵。(二次発酵)

ここでも2倍くらいに膨らむので、
間隔を空けてトレーに置くこと。

【作業時間+待ち時間】
15分+40分

【感想】
何回発酵させるねん。

 

作業6:焼く

残しておいた溶き卵をはけで塗る。

「200度で13分焼く」ってレシピには書いてあったけど、
うちのオーブンレンジでは13分じゃ足りなかった。

13分焼いて、
もう一回溶き卵をはけで塗って、
さらに10分焼いたら、
いい感じにできた。

IMG_1509

じゃーん。
さっきと同じ写真でーす。

【作業時間+待ち時間】
(3分+13分+10分)×2回=52分
(1回で全部焼けなかったので。)

【感想】
パン作るのってメチャ大変!
パン屋さんマジリスペクト!!

 

結果:合計3時間42分かかった

合計3時間42分かかった。
半分以上が待ち時間だけど。

焼きたてのパンはうまい。
超うまい。

翌日のパンはそこそこ。

 

やっぱ自分で作ったパンはうまい気がする。
「車が渋滞した旅行の方が満足度が高い」現象でしょうかねぇ。

「渋滞して苦労して行った旅行だから、楽しくなかったわけがない。」みたいな心理状況になるらしい。
「こんなに苦労して時間をかけて作ったパンだから、おいしくないわけがない」みたいな感じ?
俺の妹がこんなに可愛いわけがない」みたいな感じ?

そんなようなことを、ホンマでっか!?TVで言ってたよ。

「ホンマでっか!?TV」を含む番組 – Gガイド.テレビ王国

 

俺の妹が」は一巻だけ読んだけど、まぁまぁだった。
アニメは見てない。

サーターアンダギー作った

えーと…
さー、ふぁー…

はー、さー、はんま……はー…

よつばはテレビみてるとちゅうなの!

 

でおなじみの、サーターアンダギーを作りました。

IMG_1125

 

首里方言で「サーター」は砂糖、「アンダーギー」は「アンダ(油)」+「アギー(揚げ)」で「揚げる」、揚げ物を意味する。

という意味らしいです。

サーターアンダーギー – Wikipedia

 

レシピは下記を参考にしました。

サーターアンダギー〜沖縄風ドーナッツ – レシピ情報 – Yahoo!グルメ

 

砂糖は黒砂糖を使ったので、
色はちょっと黒め。
ちょっと揚げすぎたってのもあるけど。

「手に油(分量外)をつけて生地を丸め」っていう項目があるけど、
これがうまくできず、2本のスプーンを使って油の中に投入したせいで、
尾が伸びたような感じになってしまいました。
味には関係ないからいいけど。

あと、油の温度が結構大事。
150度でじっくり揚げる感じ。

 

「薄力粉」、「砂糖」、「ベーキングパウダー」で作れるのがいいよね。

薄力粉最強。

日清 フラワー チャック付 (薄力小麦粉)|日清フーズ 小麦粉全般|商品情報|日清製粉グループ

 

日清 小麦粉 フラワー(薄力粉) 1KG
日清 小麦粉 フラワー(薄力粉) 1KG

© 2017 どうのこうの

Theme by Anders NorenUp ↑